スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア・バリ神山・ハニー


 前回に続いてインドネシア豆の紹介です。果実を天日干しするナチュラル製法、そのナチュラルの要素を一部取り入れるハニー製法を採用する農園、商品をよく見るようになりました。
 中には前回のマンデリン・ナチュラルのように、飲む前には予測も説明も難しい複雑で、ユニークな魅力を発揮するコーヒーもあります。

 初めてハニー製法を知ったのが、コスタリカ・カンデリージャ農園産。この時は、おだやかな口当たりと味わい深さの両方にとても感銘を受けました。その後ハニー製法コーヒーの別の顔を知ったのはタンザニア・タリメ・ナチュラルからです。発酵した果物のような成熟感ある香りに驚きました。
 以来ハニー・コーヒーと聞くと予期せぬ香りの予感に、大きい期待・興味を持つようになったのです。さて今回はバリ島のハニー豆です。
インドネシア バリ島

 いかにもコーヒーというような重厚感がなめらかに楽しめて、後口に奔放で野趣ある風味がのどから鼻に抜けていきます。スマトラ島産ではないので、もちろんマンデリンとは言えませんが特長が似ています。

 個人的にとても好きな味ですが、「予想外」の予想は見事に外れてしまいました。贅沢な話ですね。今回もまたコーヒーの奥深さを思いました。
スポンサーサイト
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。