スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア・カロシ

味がしっかりしていて飲みごたえのある豆は通年で人気があります。いかにもブラックコーヒーらしい力強さ、またはカフェオレやアイスに向いたものをお求めの方に、よくお勧めするのがインドネシアです。

このカロシは名前に「マンデリン」が付いていません。スマトラ島でなくスラウェシ島カロシ県のコーヒーです。

インドネシアは生産国として長い歴史を持っていて、過去にはサビ病で壊滅的な被害がでたこともあります。その後病虫害に強い品種への植え替えも進みましたが、一部では生き残った優良在来種の栽培が続けられました。
カロシもその1つです。

なめらかな口当たりで飲みやすいです。香ばしい素朴さと力強さも楽しめておすすめです。コーヒーの酸味が苦手な方には特に合っていると思います。
P1010021.jpg
スポンサーサイト

ルワンダ・イントレS15

GWも今日が最終日ですね。カダナも4日5日と連休をいただきました。どこかへ出かけても、やはりコーヒーやもっと自分ができる可能性について思いを致します。
誰もがより良い明日、人生をイメージし、そのために日常ベストを傾けておられると思います。ただ、忙しい現代社会では当日の課題のクリアだけでも大変で、なかなか明日以降のための努力を落ち着いて取り組むのは難しいですよね。
「できない、のでなく、やらないだけである」
という孟子の言葉は励みにはなりますが実践の継続は至難で、私はいつも簡単にくじけてしまいます。そこで大そうな仕事でなく、ほんのひとかけらでいい、10分でいいからと高くないハードルを作るようにしています。積もって山となりますように。

また新しい豆のご紹介です。
ルワンダ・イントレS15
アフリカにはモカ、キリマンジャロといった根強い人気の名品に加えて、新興の良品もたくさん出てきています。その代表格がルワンダです。今回の新豆、イントレは「選ばれた」という意味で、現地の精製施設に持ち込まれた生豆から吟味して
選抜された、粒よりのコーヒーです。農園や品種を特定できませんが、コロンビア・エメラルドマウンテンと同じく「ルワンダ代表チーム」の観があります。
甘みを持ち、味わい深く、後口にも香りが楽しめます。ぜひ再びの日常に、どうぞ!
ルワンダ2

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。