スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニカラグア・カサブランカ

ニカラグア
 中米のニカラグア、カサブランカ農園からおいしいコーヒーが届きました。

 ニカラグアは太平洋とカリブ海両方に面していて、火山や湖が多い自然豊かな国です。中米最貧国といわれ、産出するコーヒーも設備が整わないことから低品質のイメージがありました。近年では、COE開催また入賞豆も出てくるなど今後が楽しみです。
 カサブランカ農園もまた幾度もCOE入賞を果たしています。うまみが豊かで、角がなくて味わい深いコーヒーです。
スポンサーサイト

スンダヘイジョG1

 インドネシアは日本に近く、コーヒーもけっこうな量が流通しています。まとまりがよく重厚な味わいは、いかにも東洋的な香りとともにカダナでも欠かせないキャラクターです。

 「マンデリン」として親しまれることの多いインドネシア豆ですが、ご存知のように、この名前はスマトラ島産を指します。
今回はジャワ島産のご紹介です。

 インドネシア・スンダヘイジョG1
17世紀オランダ人が持ち込んだコーヒー栽培は西ジャワ・バンドン地域で始まりました。このスンダヘイジョは仕上げのプロセスが当時の手作業に近いスタイルで丹念に行われています。そして、肝心の味ですが、意外にマンデリン・トバコのようななめらかな深みと野趣を感じ、同時にインド・マイソールを想起するカラッとした香ばしさが懐かしかったです。

 いつものようにご紹介が遅く、もう入荷分最後の分量を焼いてしまいましたが、是非お試しいただければと思います。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。