スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニア・カリンガAB

木子智美01
  明けましておめでとうございます。今年2016も、おいしくて個性あふれるコーヒーのご紹介に励みます。

 今年最初のおすすめです。
 ケニア・カリンガAB
 コーヒー豆の格付け方法は、生産国により違います。アルファベットを用いる場合、通常AAがその最高峰に位置します。さて、今回のABはランキングだけを見ると大した品質を期待できないようにも思いました。
 格付けは粒の大きさ、不良豆や異物の混入度合で決められます。ABですので若干小粒ですが味は素晴らしい、とお勧めをいただき、購入しました。AAやG1といった最上位以外を見てみたいという興味もありました。

 焙煎をして飲んでみると、ケニアらしい優美な香りと「コーヒー感」が目いっぱい楽しむことができました。商品名から少し迷いましたが、大変おいしいです。

 思い込みや苦手意識にとらわれずに、取り組むことの大切さを改めて知る新年のスタートでした。


 
スポンサーサイト

ケニア・キリニャガAA

ケニア ケニア山

 9月に入ってからは雨の日が多くて、梅雨のようですね。湿気も多いですし。

 秋の到来の実感は少し先になりそうですね。コーヒーの方は新豆の時期にさしかかっています。カダナにも先週いくつか入荷しました。その最初のご紹介です。

 ケニア・キリニャガAA
ケニアの首都ナイロビの北東、ケニア山麓キリニャガ地方から届いた高地産豆です。以前にも取り扱ったことがありますが、今年の豆がどんな持ち味か楽しみです。
 少々深めでは香りとコクの両方を、また浅い煎りにもっていくと軽快な飲み口と、ケニアは様々な魅力を持っています。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。